株式会社アネシスコンサルティング

企業の方には総務・人事業務の安心、個人の方にはキャリアとライフプランの安心

住宅ローンについて

住宅ローンについて・住宅ローン設定の注意点

借りられる金額から返せる金額でローンを組みます。
(年の返済額は年収の4分の1程度が目安!)

頭金なしでも、ローンを組むことも可能なことがありますが、無理な返済をすると 普段の生活に影響がでます。

生活設計をする際には、住宅以外に教育資金や老後の生活費も出費があります。 特に、教育費はお金がないからといって子どもの入学を遅らせることはできません。

目安は諸費用含め総額の20%~30%

子どもの数や、貯蓄額、生活状況によってどれくらい頭金に入れられるか 検討が必要です。貯金をあまり頭金にまわすと、今後の生活に余裕がなくなります。

目安は退職時点まで

住宅ローンは最長35年で設定できますが、一般的には会社員であれば、 退職までの年齢にはローンを完済できるのがいいです。

公的年金の今後の動きを考えると、年金生活でもきつくなるのに、 ローンを抱えるのは、余計に生活がきつくなります。

退職後の老後生活に影響を避けたほうが無難です。
(退職時の年齢 ― 現在年齢 = 返済期間)

最近は民間の金融機関でも低い金利で住宅ローンを組める場合が多くなりました。

変動金利は金利動向により、借り入れ金利が変化していきます。 目先の金利ではなく、将来の金利上昇も考慮に入れることが大切です。

固定金利の場合でも、何年間が固定なのか、その後はどうなるのか?金融機関で確認が必要です。

最近は、最長35年全期間固定金利を利用される方も増えています。

住宅を購入する際は、購入代金で必要資金を計画させている方がいますが、 住宅購入には、諸費用が別途かかることを忘れてはいけません。

購入時点の諸費用例:
不動産取得税、登録免許税等の税金、登記上のコスト、ローンの保証料、手数料 団体信用生命保険料(公庫融資)、引越費用、家具の購入代金等
以外と、引越費用と家具購入が知らないうちに出費がかさむことがあります。

メニュー
お問い合わせ

ご質問やご不明な点については、気軽にお問い合わせください。あなたとご家族にとって最高の解決策をご提案いたします。

メール

Image